デリケートゾーンの悩み・vio脱毛をしようと決めたのは?

私がVIO脱毛をしようと思ったきっかけは、ひとつ目に、毛があることで生理の時に悩ましかったこと、そしてふたつ目に、下着から出てしまうのが気になっていたことでした。女性なら多くの方が同じことで悩んでるのではないかと思いますが、生理中のデリケートゾーンは蒸れやすく、また、経血が絡みついてしまったときの煩わしさは、とにかく悩みの種でした。ただでさえ、生理のたびにブルーな気分になるのに、さらに蒸れて不快感に悩まされるのは、一刻も早く解決したいものでした。また、下着をつけたとき、Iラインからはみ出てしまうのも気になっていました。せっかくお気に入りの下着をつけても、はみ出てくる毛が格好悪く、伸びてくるたびに少しずつカットするのも面倒だし、このまま自分でお手入れするのも手間だなと思っていました。夏に水着やショートパンツを着る機会もありますし、気にせずに楽しみたい!ラクしたい!という思いはずっとありました。VIOの脱毛を考え始めたころ、ちょうど友人にデリケートゾーンを含む脱毛をしている子がいて、聞いてみたところ、「私もやってる!カウンセリングいってみたら?」と友人に背中を押してもらい、ひとまず脱毛サロンに相談してみることにしたのです。

ミュゼのvio脱毛を選んだ理由

数あるサロンの中から、私がミュゼを選んだ理由は、価格の手頃さでした。ちょうど、通勤電車の中で、いくつかの脱毛サロンやクリニックの車内広告があり、比較していたところ、ミュゼなら他社に比べて安く、私でもできるかなと思いました。医療脱毛のクリニックなどと悩んだりもしましたが、医療脱毛は痛いという話を私の周りでも耳にしていたので、できる限り痛みが少ないようにしたかったので、美容脱毛であるミュゼに決めました。また、ただの脱毛サロンではなく、美容サロンでもあること、店舗数の多さも決め手となりました。回数チケット制ですが、直前キャンセル(予約時間の24時間前を過ぎてから)をしなければ、途中で終わりにしても、残り回数分の返金対応が可能なことも、安心して始めることができた理由の一つです。はじめて相談に伺ったとき、スタッフのみなさんが優しく丁寧で、説明してくれた方もお話が理解しやすく、また、悩みにも共感しながら、カウンセリングしてくれた方のご自身の体験もふまえながら話を聞いてくださったので、そういった対応の良さにも、安心感を覚えました。

ミュゼvio脱毛の口コミを見ていて感じたこと

念のため、相談に伺う前に、ミュゼの口コミや評判をインターネットでよくチェックしていましたが、ミュゼに通っている方の多くが脱毛の効果を実感していたり、ホスピタリティの評価もよく、全体的に満足度が高かったのですが、どんなに画面とにらめっこしてても、自分で足を運んで話を聞いて見なければ、わかりません。悩みも人それぞれですし、コースや値段、回数、目指したい仕上がりをお店の人と相談してみたほうがモチベーションもあがるかと思います。しつこい勧誘も心配でしたが、そういうことは一切ない、と書いてあったとおり、実際にもそういったことはありませんでした。お手頃価格とは言え、大きな値段の契約ですし、私は自分の目でみて、話を聞いて決断しました。迷ってる方は、とりあえず自分で確かめてみましょう!

ミュゼvio脱毛体験談〜わたしの正直な意見を話します!

実をいうと、私はVIOのみの脱毛を希望していたのではなく、当初は脇とひざ下、ひじ下の脱毛だけを考えてカウンセリングに行ったのが始まりでした。とりあえず人目に触れるパーツを一刻も早く脱毛したい思いが強かったです。もちろん、冒頭に言ったVIOの悩みもありましたが、見える箇所じゃないし、不快感や煩わしさは生理の1週間だけですし、ガマンすればいいかなと思っていました。しかし、足と腕・脇はツルスベなのに、肩から背中・お腹は生えてるのって…でも、そうなってくると、VIOだけしっかり生えてるのもおかしくないかな?となり、どうせキレイにするなら一気に全部キレイにして、デリケートの悩みともさよならしよう!という結論になりました。ちなみに、私は全身とVIOの全てを脱毛で契約にしましたが、トライアングルゾーンの形を整えるだけなど、ほかにも方法はあるみたいですよ。全部の毛をなくすことだけが脱毛ではないようですね。全部なくなるのはちょっと…と抵抗がある方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。
VIO脱毛をしようか悩んでる方、どこのサロンにするか迷ってる方にお伝えしたいことは、ミュゼでの脱毛はおすすめ、ということです。きっと、痛くないかな、とか、恥ずかしいな、とか思ってる方も少なからずいると思います。正直にいうと、デリケートゾーンの脱毛は、最初の何回かは痛みがあります。しかし、レーザーを当てる前と直後に、しっかり冷却してくれるので、レーザーを照射する一瞬の痛みだけ我慢すれば、意外と大丈夫だったりします。また、回数を重ねていくうちに毛の本数も少なくなりますし、毛の太さも変わってくるので、痛みの感じる強さは減っていく感じです。回数はかかる分、医療脱毛に比べて痛みは少なく抑えられるみたいなので、痛みに弱い方には、美容脱毛を個人的にはおすすめしたいです。恥ずかしさに関しても、赤の他人にすべてをさらけ出すのは最初はやはり緊張するかと思いますが、施術のときは、不織布のパンツを履き、レーザーを当てるときはパンツをずらしながら行うので、そこまで心配することもないかと思います。何も知らなかった頃の当初の私は、全裸になって施術されるものだと思ってたので、不織布のパンツと、ガウンを渡されることを知って安堵しました。また、施術中は、寒くないようにブランケットも掛けてくれるので、そういうところにもミュゼの心遣いを感じます。でもやっぱり、ジェルを塗られるときは鳥肌立つくらいには寒いので、そこは少し我慢です(笑)施術中はうつ伏せか、目隠しをして仰向けで横になるので、何をするのか見えません。しかし、ミュゼでは、「○○にジェルをのせます」「お痛みは大丈夫ですか?」など、ひとつひとつ声をかけながら進めてくれるので、突然されてびっくりすることはありません。
また、前述でミュゼを選んだ理由のひとつに、「美肌サロン」であることをお伝えしましたが、ミュゼで販売しているオリジナルのお手入れ用品はどれも肌がキレイになるように、質の良いものを使っているので、スタッフさんのアドバイス通りに保湿やムダ毛処理をしていると、肌への変化を感じます。また、正しくケア用品を使うことが、脱毛の効果も高めるので、一石二鳥です。私はまだ通っている途中で、まだ終わってはいませんが、生えてくる毛が少なくなってくるとともに、肌ケアもがんばってる成果で、お肌も綺麗になったなと実感しております。始める前までは2日に一回は自己処理しないとだめだった肌は、ミュゼのおかげでだいぶスッキリしてきました。なによりも、生理が来ても、前のようなことで悩まなくなったこと、下着からはみ出してくるものがないことで、そういったストレスから解放され、通うごとにキレイになれるし、きちんと自分の体をケアできていることで、自信がつきました。脱いでも大丈夫、そういう自信がついたことで、パートナーとの夜も楽しくなったことも、大きな変化でした。ちなみに、海外では、男女問わず、デリケートゾーンの脱毛をするのは当たり前ですし、最近では日本でもそういう人が多いのか、国内外関係なく、VIOのお手入れをちゃんとしているのは、好評のようです(笑)
「温泉行ったとき、恥ずかしくない?」という質問もよく聞かれますが、温泉で居合わせた人とは、おそらくその後会うことは一生ないので、そんな赤の他人の目線なんて気にすることはないというのが私の持論です。根拠のない恥ずかしさは捨てて、どんな自分になりたいか、お化粧をして素敵な服を着るように、VIO脱毛のケアをして、もっと大好きな自分になってみませんか。

ページの先頭へ戻る